消費者金融 融資

返済したら終わりじゃない!消費者金融の解約手続きってどうやるの?

消費者金融の利用は、今回のみ。もう利用するつもりはない。こういう人に多いのが、完済した時点で、消費者金融との契約も終了している、と勘違いしてしまう人です。しかし、あくまでも、消費者金融とあなたとの契約は「限度額~円まで、融資しますよ」という契約であって、「今回だけ~円融資します」という契約ではないのです。つまり、もう利用しない、と決めているのなら、必ず解約手続きを行う必要があるのです。そうしないと、借入枠がずっと残ることになるのです。

消費者金融を、もう利用しないのなら別に、解約までしなくてもいいんじゃないの?ただ、使わなければいいだけじゃないの。確かにそのとおりです。しかし、あなたが消費者金融で融資を受けると、そこから5年間その利用歴が、信用情報に記載されます。たとえば、住宅ローンを組もうというとき、ローン会社は、その人の借金の利用歴を調べます。その時、消費者金融との契約が解約されているか、利用枠が残っている(解約されていない)かは審査に大きくかかわってくるのです。そういった、信用情報への影響もあるので、今後使わないと決めているのであれば、必ず解約したほうが無難です。

では、具体的な解約手続きについてはどうなっているのでしょうか。さほど、複雑なことはありません。まず最初に、電話か窓口で解約したい旨を告げましょう。解約手続き書のようなものを貰えるので、必要事項を記入の上、提出します。その後、受理されれば、契約書の返納が求められたり、解約証明書のようなものが貰えたりします。業者によっては、この手続きが電話一本で完了出来たり、ネットを介してのみのやり取りで済んだりします。利用している業者によってまちまちなので、確認が必要です。

そして、実際の解約手続きが終わったら、手元のカードを処分しましょう。残っていると、落とした時などに悪用される可能性もあります。一番良くないのは、解約手続きを済ませないで、カードを処分することです。あくまでも、消費者金融との契約は、このくらいの借入枠をあなたに与えますよ、という契約なので、カードを処分してもずっとその借入枠があなたの利用歴に残ってしまうことになるので、注意が必要です。

本当に必要ですか?最も危険なお金の借り方、3つのパターン!

生活をしていると、色々な場面でお金が必要になります。理想的なのは、自分の貯蓄からその時々で必要な出費を賄う、これがベストです。しかし、なかなかそういう具合にもいきませんね。急な出費が必要になる場合、例えば冠婚葬祭などは、予定してあるものというより、急に出てくるものです。そんな時に、次の給料日までの急場をしのぐ意味合いで、消費者金融からお金を借りることができるのは、非常に助かることです。しかし、当たり前ですが、借りたお金は、必ず返さなければなりません。お金を借りる時、そのことを念頭に入れて、本当に必要かどうか、ちゃんと計画的に返せるかどうか、まず初めに検討することから始めましょう。

計画性を考えるうえでも、消費者金融からお金を借りる時、とても危険な借り方があるんです。主な3つのパターンを紹介しましょう。
1、生活費を借入れること
給料日の数日前になって、今月苦しいな、と感じたことがある人は多いと思います。月の費用の分類の中では、いわゆる生活費にあたる部分を誰でも持っています。家賃・光熱費・食費などがそれに当たります。この部分は、その名の通り、生活をするためのお金で、絶対に毎月必要なお金です。そして、この生活費を、借り入れることはとても危険なのです。その月の生活費を、借りたお金で補ったとしても、また、翌月も同じように必要になるからです。結果的に、利息だけ支払ってどんどん返済が苦しくなってしまいます。このパターンの場合は、生活費自体を見直す努力をするのが、第一であると言えます。

2、複数の会社から借り入れること
消費者金融からお金を借りるにあたって、特に1社からしか借りてはだめですよ、というような制限はありません。ですので、たとえ何社から借りても、きっちり返済できれば、何の問題もないのです。問題は、その借り方にあると言えるでしょう。ある1社の返済をするために、他の会社から借り入れて返済する。このパターンが最も危険なのです。多重債務の始まりと言えるでしょう。このパターンに陥らないためにも、信頼できる消費者金融の会社1社のみに限って利用するようにする必要があります。

3、返済期日に返せない借り方をすること
消費者金融でお金を借りる時、最もやってはいけないのがこのパターンです。期日に返せる見込みのないお金を借りて、返済日に返せない、ということになります。たとえば、返済期日に間に合わず延滞してしまうと、利用者個人の信用情報にキズが付きます。次にどこかでお金を借りたい、と思っても審査が通らず、最終的にヤミ金と呼ばれる悪徳業者に手を出してしまう、というケースも少なくないのです。

以上の3つのパターンのどれを見ても、計画性という言葉がキーワードになってきます。消費者金融でお金を借りる時には、まず、本当に必要か、返済できそうかを考えて利用することが重要です。

えっ、無利息でお金が借りられる!?期間限定サービス、その中身とは

消費者金融はお金を貸して、何かで儲けています。言わずと知れた、金利で儲けているのです。無担保・無保証人で貸し出す消費者金融の金利は、貸し倒れリスクを見越したものになるので、銀行などの金融機関に比べると高いものになります。また、この金利があるからこそ、消費者金融は商売をやっていけるのです。

しかし、こんな広告をみたことありませんか?金利ゼロで借りられます、今がチャンスの無利息融資、元本のみの返済でOK等。これは、どういうことでしょうか。その後に続く文句を見逃してはいけません。必ず、期間限定と書いてあるからです。この金利ゼロは、消費者金融が新たな利用者を開拓しようと始めたキャンペーンの一環です。その業者によってまちまちですが、この金利ゼロの無利息期間は1週間から1カ月間といったところでしょう。

結婚式や冠婚葬祭など、どうしても避けられないイベント、かつ出費がかさむ様な場合を想像してください。どうしても手元にお金がない、どうしよう…でも、一週間後が給料日で、その時になれば余裕がある、というような場合です。そういう場合に、信頼できる消費者金融がこのようなキャンペーンをやっていたならば、大いに活用してもいいでしょう。

しかし、返済のタイミングが遅れると痛い目をみるので気をつけましょう。この金利ゼロキャンペーンが知らない間に終わり、高い金利になっていた、なんて場合です。この場合は、文句をいっても駄目です。もともとが、お客さんを呼び込むためのサービスだからです。借りたあと、いつまでがこのキャンペーンの対象期間か、しっかり確認しておく必要があります。

また、計画性のない人は、もともとこのキャンペーンを利用するのは勧められません。金利ゼロだから、と借りたのが、いつの間にか借金を繰り返していて、気が付いたら多重債務に陥っていた、なんてことも少なくないからです。とくに、キャンペーン期間が短い業者でお金を借りるときは、より一層の注意が必要なのです。いずれにしても、どんなサービスでも、完全に無料という事はありません。あくまでも、多くの人に利用してもらう手段としてこういったサービスがあるということをしっかり認識しておきましょう。

消費者金融からの郵便物、できれば自宅に届けてほしくないんですが…

自宅に届く、郵便物。各種宣伝のチラシから、光熱費の請求まで。または、近所の工事の予定を知らせる案内などもあります。基本的に、郵便物は一人暮らしでない限り、家族の誰かがポストから回収するでしょう。自分が、消費者金融でお金を借りたとき、一つの不安材料がこの郵便物です。お金を借りたことを極力家族や、または、同棲している相手に知られたくない、と考えるのは普通の事です。

電話連絡の場合、その人本人宛のプライベートなお知らせは、自宅の電話ではなく、携帯電話に掛かってくる時代です。しかし、郵便物はそうはいきません。消費者金融の郵便物を自宅に届かないようにする方法なんてあるのでしょうか?まず、確認しておきたい大事なことがあります。消費者金融の業者は、特別な事情がない限り、郵便物を送らないということです。

消費者金融を利用するということは、とてもプライベートな事柄です。消費者金融業者は、その辺のプライバシーをしっかり配慮してくれるのです。そして、どうしても郵便物を送らなくてはならない場合でも、送付元の社名を記載しないとか、個人の名前で送るという工夫を凝らします。それによって、たとえ家族が郵便物を回収してもただの個人あての封書という認識になります。

基本的に郵便物を送らない消費者金融業者でも、次の2つのケースの例外があります。
1、利用者が、ネットや電話で申し込んで、あとから書類を書いて返送して契約を結ぶ方法を選んだ場合。
2、利用者が返済が延滞しているときに、督促状を送る場合。
この中で、特に2の場合は、ある意味契約に違反しているため、仕方ありません。しっかりと返済をしていれば、消費者金融は督促状を送らなくて済むのです。

では、家に利用したことのない消費者金融から送られてくるDMはどうでしょうか?これに関しては、どんなに甘い言葉(低金利・審査が楽)が書いてあっても、利用を控えた方が無難です。信頼のおける消費者金融は、必ずといっていいほど郵便などのプライバシーに配慮します。それをしない業者は、それだけ信頼感に欠けると考えられます。郵便物ひとつで、その業者が信頼できるか、できないか、一つの指標となるといっていいでしょう。

借金を一本化したい!そんな時に便利な、借り換えってどういう制度?

消費者金融で借金をしているのだけど、月々の返済が大変になってきた。というのも、色々と理由があって数社から借りているからだ。複数の会社からの借金を返すのは、思った以上に煩わしいし、大変だ。しかも、消費者金融各社を見渡すと、思った以上に金利が安いところもあるのだ。そんな時、先輩から借り換えっていう制度があることを聞いた。どうやら、借金を一本化できるような制度のようだ。しかし、どうしたらいいのか分からないんだけど、借り換えって誰でもできるのだろうか?

あなたがもし、高い金利の消費者金融会社にお金を借りていたり、複数の会社にお金を借りているのなら、借り換えという制度を検討する必要があります。借り換えとは早い話が、現在借りている会社から別の会社へと借金を移すことです。その際、新しく借りる会社が、もともと借りている会社の返済を肩代わりしてくれます。これによって、新しく借りる会社は、利用者の獲得につながりますし、利用者は、より低金利の会社に借金を鞍替えできたり、複数の借金を一本化できたりするのです。低金利の会社に移すと、借金の元本は変わりませんが、総支払額は確実に減ります。また、複数の借金を一本化することで、同じく総支払額が減って、さらに計画的に返済することができるのです。

それでは、この借り換え、なんだかとってもお得なシステムに思えますが、果たして誰でも利用できるのでしょうか?当然かもしれませんが、やはり借り換えをする前に、審査があります。この審査で最重要視されるのが、今まで返済における延滞がなかったかどうかです。1~2回であっても、延滞がある場合、借り換えの審査に通るのは難しいかもしれません。とくに、このサービスは、個人をどこまで信用できるかがとても問われるので、借金をしたらしっかり返す、この基本を忠実に守っている人のみ、借り換え制度が利用できると考えていた方が良いでしょう。

個人融資が、無人で契約できます!自動契約機ってどういうシステム?

今ではどこの町でもみかける、消費者金融の自動契約機。この、無人でお金を借りられるシステムは、消費者金融の利用者数を飛躍的に伸ばした立役者です。お金を借りたいと思う人は、申込・審査・契約・カード発行までの一連の流れをすべてこの無人契約機でできてしまうのです。お金を借りるということは、究極のプライベートな出来事なので、できれば誰とも会わずに利用したい、という潜在需要に見事に合致したサービスと言えます。

ネットでのサービスが主流になってきている昨今ですが、まだまだ、パソコンを持っていない人、インターネットを利用しない人などもいます。そういう人たちにとって、気軽に利用できる無人契約機は、とても便利なサービスです。無人とはいえ、利用者の入力情報などを審査するのは、人を介してのものとなります。ですので、そこの部分は通常の窓口の審査と同じで、多少の時間を要します。しかし、初めて利用する人で、審査に何の問題もない人は、ごく短時間でカードが発行されます。

では、無人契約機での審査の基準はどうなっているでしょうか?まず、審査の条件として、収入が安定していることがあげられます。気を付けたいのは、収入の高い・低いではないという点です。収入の高低は、借入限度額に影響しますが、審査自体にはさほど影響は与えません。そして、収入が安定しているという事は、月々の基本給を貰っているかどうかという事です。ですので、正社員はもちろんのこと、アルバイトさんであっても、月々安定した給料を稼いでいれば、審査を通過する可能性は高いです。また、6ヶ月以上継続して同じ会社に勤務している必要もあります。そういった観点から、審査をしますので、無人契約機であっても多少の時間を要するのです。

一般的な無人契約機のお店を利用するとしましょう。そうなると、まず、扉を開けて中に入ります。静かな空間に、ポツンと一台の無人契約機が設置されています。機械のタッチパネルに触れて操作を始めると、扉が自動的にロックされます。これによって、プライベート空間が確立されるのでまず一安心です。以降は、音声案内などで分かりやすく説明してくれるので、それに従って進めていけばOKです。それでも慣れていない人は、途中で操作が分からなくなってしまったりもします。そういう時は、有人対応の直通電話があります。オペレーターが丁寧に教えてくれるので、無人だけど、何かあった時大丈夫?と不安を抱えている人も、安心できます。

このように、便利さで飛躍的に利用者数を伸ばした消費者金融の無人契約機。しかし、事前に審査で問題が起こりそうだな、と認識している人の場合は、通常の有人の窓口での契約をお勧めします。何か問題がありそうな人の場合、細かい信用情報の確認のやりとりなどは、やはり対面の方がやりやすいので、審査に余計な時間を掛けなくても済みます。

24時間利用可能!ネットでの融資申込みが選ばれる4つの理由

近年のインターネットの発展は目覚ましいものがあります。ネットは、人々の生活をより便利に変えました。パソコンとネットの環境があれば、家から一歩も外に出なくても、色々なものが購入できてしまうのです。消費者金融でお金を借りる、という行為も、今はネットでできてしまうのはご存知でしょうか?少し前は、無人契約機が主流でした。対面せずに、お金を借りられるという画期的なものです。ネットはさらに進んで、家にいながら、消費者金融からお金を借りることを可能にしたのです。

じつは、ネットで消費者金融の融資を申し込む人が、増えてきています。一体なぜでしょうか?やっぱり、便利だからでしょうか?消費者金融の利用者が、ネットを使う理由は主に4つあります。

1、来店が不要である。
通常お金を借りる時は、どこからの店舗に出向いて申し込みをしなくてはいけません。しかし、ネットの場合は基本的に来店不要です。パソコンとネット環境があれば、申し込みが可能なのです。これは、例えば店舗の少ない地方の人であっても、平等に消費者金融を利用できることを意味しているのです。

2、申し込みは24時間受付OK
たとえば、仕事が忙しく帰宅するのはいつも、夜の11時だ、という人でもネットからの申し込みなら大丈夫。それが深夜であろうと、早朝であろうと、時を選ばず申し込みができるのです。

3、スピード審査・スピード融資
ネットを活用することによって、消費者金融の業者は、店舗接客に回す労力をすべて、審査や融資のサービスに注げます。そのため、審査スピードがとても早く、お客さんへの回答も早いのです。

4、返済サポートの充実
借入金に対して、利率は月いくらになるのか。実際に、一ヵ月いくら払えばいいのか。こういったお金の計算は、面倒くさいものです。しかし、返済がどのくらいになるか、を無視してお金を借りるのは、大変危険です。その時に、大きな助けになるのが、返済シミュレーションのサービスです。これは、ネット上で必要事項を入力すれば、借入金から算出される利率の計算や、具体的な返済金額を即座に出してくれるシステムです。ネット上で申し込む前に、このシミュレーションで計算すれば、無理な借金を防ぐことが来ます。

以上のような4つの利点をよく考えて、必要ならばネットでの融資の申し込みを検討しましょう。ネット上には多くの消費者金融の公式サイトがありますので、自分に合っていて、信頼できそうな業者を探して、申込フォームを入力して送信しましょう。あとは、仮審査・本審査と進みます。ネットだからといって、不安を感じる人も安心のサポートが体験できるはずです。

父の死後に、消費者金融での借金が判明!相続を放棄したいんだけど…

不慮の事故で亡くなった父、年齢も高齢で年金暮らしだった。若くもなかったし、それなりにいい人生を生きたんだと、言い聞かせてみる。葬儀なども終えて、一ヵ月が立ったころ、ポストに見知らぬ業者からの請求書が届いた。どうやら、消費者金融の請求書のようだ。額面は150万円。驚いたことに、父は消費者金融で借金をしていたのだ。残す遺産もなかったけど、借金もないことだし、と安心しきっていたのに…。果たして、こんな負の遺産、子供が相続しなくてはいけないんだろうか?

通常、家族が死ぬとその血縁の濃い人に遺産が相続されます。この遺産相続には、土地・家屋・貯金などのプラスの資産もあれば、借金というマイナスの資産もあります。ですので、お金を貸している業者は利用者本人が亡くなれば、その相続人へ請求をします。上記の例でいえば、父が亡くなった時点で、借金の相続が自動的に子に引き継がれることになったのです。仮に、相続のプラス資産が、借金などのマイナス資産を上回っていた場合は、プラス資産で借金を払ってしまえばいいので、何の問題もありません。しかし、問題は資産より負債の方が多い場合です。

ここで質問です。相続放棄という制度を知っていますか?そうです、相続に際して、資産より負債の方が多い場合、相続を放棄することができる制度なのです。相続放棄は、家族の死を知った日から、3ヵ月以内に家庭裁判所に申し立てます。その際は、戸籍謄本などの書類が必要になります。一連の手続きが終わると、相続放棄を証明する書類である「相続放棄の申述受理通知書」を貰えます。消費者金融などから、催促が来た場合、この受理通知書のコピーを添付して、相続放棄の旨を、業者に伝えましょう。以降、返済の催促を免れることができます。

しかし、これで万事問題なし、と安心してはいけません。実は、相続人の誰かが相続を放棄すると、他の相続人が債務を負うことになるのです。仮に血縁の濃い第一順位の相続人が全員放棄すれば、次の順位にその権利・義務が移行するのです。この点に注意しなければ、親族間の大きなトラブルが起こります。ですので、相続放棄を申し立てる前に、親族間での話し合いを十分持つことが、重要になってくるのです。

思わぬ落とし穴が!消費者金融で失敗しないための3つの知識とは

生きるうえで、正しい知識を持っていることは重要です。そんなことを言っても、お金がない時は、藁をも縋る気持ちで消費者金融に足を運ぶのが当たり前でしょう、という人もいるかもしれません。しかし、そこは一度立ち止まって、消費者金融に駆け込む前に、次の3つ知識を確認しておきましょう。そうすることで、無用のトラブルを避けられるかもしれません。

1、金利についての知識
知っているようで、あまりよく分からないというのが、この金利についての知識です。では、いったい金利とはなんでしょうか?金利とは、お金を借りる側が貸す側に支払うサービス料を年率に換算したもの、と考えてもいいでしょう。ただ、お金を借りて同じ額を返すのでは、貸し手側は商売になりません。消費者金融だけではなく、あらゆる金融機関はお金を融資するとき、この金利というサービス料を取って稼ぐのです。そして、消費者金融において、この金利の上限は20%までと定められています。消費者金融は、他の金融機関に比べて、審査が通りやすいだけに、金利の率が高く設定されています。たとえば、金利15%の消費者金融で100万円を借りると、年間で115万円返さないといけないのです。

2、多重債務についての知識
銀行・クレジットカード会社・消費者金融、これらは、人がお金を借りる時、利用する主な機関です。ここに、重要なデータがあります。お金を借りている、という人に対するアンケートです。三つの中の消費者金融からのみ借金がある、と答えた人は全体のたった3%だけでした。つまり、裏を返せば、消費者金融を利用している人は他の金融機関も同時に利用しているということです。さらに、消費者金融を利用している人で、借入残高が100万円以上ある人が、全体の61%というアンケートもあります。多くの人が、借金を返すために、新たな借金をする、という多重債務に陥っているという現実を示しています。

3、悪徳業者についての知識
貸金業を営むには、財務局長又は、都道府県知事の許認可登録が必要になります。もし、消費者金融を利用しようとしているなら、この登録が見当たらないような業者は避けるべきでしょう。悪徳業者の恐れがあります。審査が甘い代わりに、法外な金利(20%以上)を要求されたり、何らかのトラブルが起こる可能性が非常に高いです。

以上、金利について・多重債務について・悪徳業者についての3つの知識を事前に知っておくと、計画的な利用をこころがけることができ、消費者金融で失敗する確率もぐっと減るのではないでしょうか。逆に、すぐ返すから、と何も考えずにお金を借りると、思ってもみなかったような落とし穴に嵌ってしまいますので注意が必要です。

初めての利用ならここに注目!消費者金融のおすすめ業者を教えて!

初めて、消費者金融を利用するけど、なんだか怖いなぁ。消費者金融というと、多重債務で取り立て屋に追いかけられたり、自己破産したりとかそんなイメージあるし。何とか、安心して利用したいんだけど…どういう業者だったら、おすすめだろうか?何かおすすめの基準があるんだろうか?

じつは、こういった質問は、よくあるんです。特に、お金を借りるという行為はどうしても、悪徳業者を連想させます。だまされたりして、多額の負債を負わされたらどうしよう、だとか。実際は、悪徳業者は巷にあふれかえっている訳ではないので、気を付けていれば大丈夫なのですが、何か基準があれば、より安心できるでしょう。

はっきり言えば、初めて利用する人は、良く知られた、いわゆる、大手の消費者金融を利用することをおすすめします!大手の消費者金融は、たいてい払う金利も低いので、安心できます。

では、大手消費者金融がなぜ、おすすめで、信頼できるのか。それは、対応が親切で丁寧だからです。大手消費者金融のコールセンターに電話をしてみると、すぐにその事がわかります。マニュアル化されたしっかりした対応に、知らず知らず不安感はなくなっていきます。これが、中小規模の消費者金融や悪徳業者の場合は、こうはいかない場合が多いです。その会社の顔である、電話の対応が良いというのはおすすめの消費者金融の大きな基準です。また、大手の消費者金融は銀行とも資本提携しているところが多いです。提携先を確認して、知っている銀行名があれば、やはり安心できる業者であると言えるでしょう。

ところで、初めて消費者金融を利用する人は、信用面でトラブルを抱えている可能性が少ないので、大手消費者金融の審査は比較的通りやすいでしょう。しかし、初めての利用ではなく信用面に問題を抱えた人が、この大手の消費者金融の審査に通るのは、難しいかもしれません。そういう人にとっては、やや金利が高くても、審査があまり厳しくない中小規模の消費者金融を利用することになります。その場合も、電話に出た時の対応などが、お勧めの優良業者かどうかの判断材料になります。

1 2 3 4 >