なぜ、個人事業主はお金が借りにくいのか?

個人事業主が、サラリーマンよりお金を借りにくいのは不公平!?

サラリーマンよりも、個人事業主の方が経営者という感じがして勇ましいですよね。自らの裁量で、仕事をして収入を得る。赤字の時もあれば、大きく儲かるときもあります。その時々の政治・経済の影響も受けるでしょう。それでも、自らの腕一本で仕事をするというのはやりがいもあって、素晴らしいものです。もちろん、サラリーマンより何も劣るところはありません。しかし、こと消費者金融でお金を借りる、という局面ではサラリーマンの方に軍配が上がるようです。

個人事業主が、サラリーマンよりお金が借りにくいのは事実です。それは、どうしてでしょうか?消費者金融は、無担保融資を基本としているので、その人個人の信用が第一です。そうなると、給料が一定ではない個人事業主より、月々決まった給料を得ているサラリーマンの信用の方が強いのです。貸し倒れのリスクを防ぐうえでは、ある意味仕方のないことだと言えるでしょう。

それでは、お金を借りるうえで両者にどのような違いがあるのでしょうか。具体的には審査の厳しさが違うのです。サラリーマンが申し込み時は、身分証明書の提示だけで済みます。しかし、個人事業主はさらに確定申告や、源泉徴収票などの収入を示す書類が必要になってくるのです。さらには、事業の営業状態を証明するものの提示を求められることもあります。サラリーマンと違い、事前に準備が必要な書類が多いのです。

しかし、無担保・スピード融資という消費者金融の特性上、サラリーマンよりも個人事業主の方が消費者金融を利用する必要度は高いと言えます。基本的に個人事業主であっても、赤字経営でなく年収も十分あることが証明できれば、すぐにお金を借りることができます。審査の基準はあくまでも、収入が安定しているかどうかであり、それをきっちり証明できれば何も問題はありません。ですので、必要以上に警戒して、沢山の消費者金融に同時に申し込むことは避けましょう。3社以上に、同時申し込みをすると、ブラックリストに載せられてしまう可能性があるからです。事前に、しっかりと書類を準備して、条件に合う消費者金融1~2社に申し込むのがベストだと言えます。