消費者金融への申込み方法いろいろ

時代と共に多様化する消費者金融への申込み方法、どれを選ぶべき?

対面から無人契約、そしてネットへ

消費者金融で融資の申込みをする際、昔は事務所で対面で行うことが主流でした。しかし『借りる姿を人に見られたくない』というニーズが高まり、無人契約機が誕生して相手とじかに対面しなくても審査から借り入れまでができるようになり、非常に便利になりました。

インターネットや携帯電話が普及した近年では、消費者金融への申込み方法はさらに多様化し、インターネットや携帯電話からもカンタンに申込みができるようになりましたね。

かといって、対面方式での申込みがなくなったわけではありません。特に年齢の高い人だと、機械やネットで相手の顔を見ないままお金を借りるのは不安という人もいます。

業者相手であろうとお金の貸し借りは信用の関わることですから、どんな相手か直接見たいという気持ちは当然のことと言えます。

一方、融資を受けることに対して良いイメージを持っていない人は、申込み契約もできるだけ人目につかない方法で、と思うケースが多いようです。

無人契約機やインターネットなどでの申込みは、相手と直接対面することがないので、契約時の心理的な負担は軽減されるでしょう。自分に合った方法を選ぶようにしたいですね。

インターネット申込みの利点

今やすっかり普及したインターネットですが、キャッシング申し込みをインターネットで行う際に、ひとつ大きな利点があります。それは、スピーディにいろんな業者に審査をしてもらえる点です。

消費者金融にも融資のための審査はもちろんありますし、その審査基準は業者によって違います。無人契約機や対面の場合、そこがだめなら次のところにわざわざ足を運んでまた審査を受けることになります。

ですがインターネットなら、A社からB社の移動はクリックひとつで可能です。自宅から審査申請できるので、出かける手間もなく、もしA社の審査に落ちたならクリックひとつでB社の審査をすぐに受けられます。

また、インターネットからの申込みは二段階審査になっていることがあり、第一段階の仮審査は場合によっては数十秒で終わるので、仮審査に通らなければ次、といったふうにスピーディに借りられる業者を探すことができるんです。

インターネットで申込みした場合、その日の受付時間内であればほとんどの場合、申込みした当日に担当者から連絡がくるしくみになっています。

カードの受取は最寄の無人契約機を使うことが多く、また契約書などの書類は後日郵送されてきます。もちろん郵送時にはそれが消費者金融からであるとわかりにくくする配慮がなされています。

インターネットなら自宅でこっそり誰にも会わずに申込みできるので、無人契約機でも構えてしまう人におすすめです。