消費者金融のネットの口コミは信用できる?

ネットの口コミで好評価、この消費者金融そのまま信用してもいいの?

「おいしいイタリアンレストランってどこか知っている?」たとえば、デートとかでレストランを利用したいとき、周りに一人はいる食通の人に聞いたりすることは、珍しいことではありません。実際に、たくさんのおススメ店を教えてもらうと、大事なデートでの失敗を防げます。しかし、どこか良い消費者金融知ってる?などと周りの人に聞く人は、おそらく少ないでしょう。お金を借りるという事自体、誰にも知られたくない超プライベートな出来事だからです。そんな時に大活躍するのが、ネットの口コミです。簡単に具体的な体験談や情報が得られるネットの口コミは、消費者金融を利用する際の判断基準になり、大変便利です。

しかし、このネットの口コミ、どこまで信じていいのでしょうか?消費者金融、評判、などと検索ワードを入れて検索すると、多くの情報が出てきます。どこどこの店で、どのくらい借りた。対応はどうだった。審査スピードがどのくらいだった。などなど…中には、対応したスタッフに対する辛辣なコメントなども散見されます。このような種々雑多な口コミですが、中には注意しなくてはいけないものもあります。

ご存じの通り、消費者金融は無担保・無保証人でお金を貸してくれます。その分、利用者個人の信用が大事になってきます。また、無担保のため貸し倒れ対策として、金利が銀行などよりも高く設定されています。しかし、口コミの中には、「超低金利で借りられます」や「審査が甘く借りやすい」などといった甘いコメントが多く掲載されている業者もあります。そのような業者の場合、注意する必要があります。特にそれが誰もが知っている、大手の消費者金融の会社ではない場合、疑ってかかるほうが無難です。違法業者や悪徳業者が、ネットの口コミを使って客をつかもうとするケースも多くみられるからです。

そして、サイレントクレーマーの存在も忘れてはいけません。本当に被害を受けたり、不快な思いをした人は、案外ネットなどには書き込みません。もう二度と関わらないようにすることで対処する人がほとんどです。また、お金を扱う業者と利用者は双方感情的になりやすい部分があります。普通の対応をされたのにも関わらず、冷たくされた、などと思ってしまうケースもあります。

このように、ネットの口コミを全面的に信頼するのはあまりいいことではありません。特に消費者金融などのお金に関するものは、しっかりその業者の実態(会社の規模・金利)を調べたうえで、補助的な情報として口コミを参考にするというのが、最もいい方法ではないでしょうか。