年金収入のみで融資を受ける際の注意点

年金収入のみの人が消費者金融で融資を受ける時に知っておくべきこと

年金を担保にする前に絶対知っておくべきこと

急にお金が必要になるのは何も若い人や健康な人ばかりとは限りません。高齢者や労災などのけがで働けず、収入が公的年金のみという人ほど、急な出費にお金を工面するのに苦労します。

そうした方が親族などに借りることができず途方に暮れた時、考えるのが『年金を担保にして融資を受けられないか』ということ。

しかし、公的年金を担保にする場合、非常に注意が必要です。というのは公的年金を担保に融資する『年金担保貸付』ができるのは、法律によって決められた『独立行政法人福祉医療機構』など特定の機関のみ。一般の銀行や消費者金融などで、公的年金を担保に融資することは法で禁止されているのです。

年金を担保にした貸付を謳って、年金証書や印鑑の提出を求めてくるような消費者金融があれば、それは違法です。貸金業規制法という法律に違反します。

違法だと知らずに万が一渡してしまった時は、すぐに返してもらうよう業者に請求し、応じてもらえなかかった時は弁護士などに相談して下さいね。

年金を安定収入とみなす消費者金融もある

では、年金受給者は消費者金融で融資を受けられないのか……というと、そうではありません。年金を担保とした融資はしませんが、年金を安定収入とみなし、通常の収入ある人への融資と同じように貸してくれるところもあります。

アルバイトを点々とするフリーターなどの収入に比べ、公的機関から毎月一定額が必ず支給される年金のほうが安定した収入源であると考える業者もあります。消費者金融の融資は、仕事の有無よりも『きちんと返済できるかどうか』が重要なので、収入の有無のほうが重視されるのです。

ただし、貸し付けできる金額の上限は、原則として年収の三分の一までとこれも法律で定められています。年金収入のみの人で、年金の受給額がさほど多くない人については、借りられる限度額は低額かもしれません。

また、審査基準は業者によって違いますので、年金収入のみでは融資をしないという消費者金融ももちろんあります。問い合わせ窓口などに事前に連絡して確認してみたほうがいいでしょう。

融資額は自分でセーブを

年金収入のみの人が消費者金融で融資を受ける際に気をつけたいのが、融資を受ける金額です。年金収入は毎月決まった額ですので、そこから生活費をきりつめて返済額を捻出するのはとても大変なこと。

まず自分がどれくらいなら月々返済できるのか、その額をきちんと考慮した上で融資を受けるようにしましょう。

生活費に充てるべきぶんまで返済に回さなければならない状態では、毎日の生活が成り立たなくなってしまいます。また、返済に足りない分をほかから借りて補うなどの多重債務に陥りやすくなります。

特に厚生年金や国民年金などのように、老後に受け取る年金の額はそれまでに納めてきた年金の保険料の額に左右され、支給額は人によってまちまちですから、自分の収入に見合った金額の融資にとどめるよう、自分でしっかりとセーブすべきです。