主婦が消費者金融でお金を借りる方法とは

主婦が消費者金融でお金を借りるのは難しいって聞いたけど…ホント?

主婦は家庭生活の中で、重要な役割を果たしています。食事を作ったり、掃除洗濯、いわゆる家事全般、それに加えて、家計をやりくりする必要もあります。子供の教育費や、保険や家のローンなどなど、悩みは尽きません。場合によっては、払い込みに間に合わせる当座のお金を用意するために、消費者金融でお金を借りる必要も出てくるかもしれません。しかし、消費者金融は、主婦にはお金を貸してくれないらしいんです。これ、本当でしょうか?

主婦が個人で消費者金融でお金を借りられない!?じつは、半分はその通りです。しかしあくまで、ここで言う主婦は専業主婦の事を指します。パートで収入のある主婦の場合は、借りられる可能性があります。また、自営業で経営者である夫から給料という形でお金を貰っている主婦も、またお金を借りられます。つまり、主婦かどうかというよりも、個人として収入があるかどうかが問われるのです。

しかし、かつては夫の承諾があれば、たとえ無収入の専業主婦でもお金が借りられたのです。生計を共にする夫婦は、一体と考えられるので、ある意味当然のような気がします。しかし近年、専業主婦のように無収入の人は、消費者金融でお金を借りられないように法律が改正されたのです。これが、年収の1/3以上の借金を規制する総量規制と呼ばれる法律です。この法律は、規制もそうですが、そもそも、年収の無い人はお金を借りれませんよ、という意味あいも含んでいます。

この総量規制ができた背景には、多重債務の問題など、色々な原因があります。主婦に限って言えば、昨今の離婚率の上昇も一因です。専業主婦の妻が、たくさんのお金を借りて離婚した場合、夫に請求できません。さりとて、妻であった無職の利用者も払えず、自己破産という形をたどるケースも多いです。無担保・無保証人で貸し付ける消費者金融の場合は、利用者個人の返済能力がすべてなのです。

では、専業主婦はどこからもお金が借りられないのでしょうか?そんなことはありませんので、ご安心ください。総量規制は銀行または、銀行と提携した貸付業者は対象外です。これらの金融機関では、夫の収入が証明できる書類を用意して、審査に通ればお金が借りられるのです。ですので、総量規制によって主婦はお金が借りられない、と総計せずに、銀行と提携した業者を探してみるのが有効でしょう。