借入金の一括返済の注意点

早く身軽になりたい人が知っておきたい借入金一括返済の注意点

借入金の返済に分割が多いワケ

消費者金融でお金を借りた後、それを返済するにはさまざまな方法がありますが、多くの消費者金融では『残高スライドリボルビング方式』と呼ばれるリボ払いを採用しています。

これは、借入残高に応じて、毎月の元金分と利息分を合わせた返済額を見直す方式です。借りた元金の返済が進んで残りが少なくなればなるほど、月々の返済額が低くなりますが、月々の支払額のうち利息にあてられる部分が大きいため、元金がなかなか減らず、返済に長い時間がかかってしまうケースが多々あります。

貸したお金は手早くさっと返してもらったほうがいいだろうに、何故そんな方法を……とお思いかもしれませんが、これにはひとつの理由があります。

時間がかかっても少しずつでも確実に返してもらうため、という一面もありますが、消費者金融の利益は元金に対する利息部分でまかなわれているからです。

消費者金融は貸金業を仕事とする業者ですから、利益を出さなければ成り立ってゆきません。消費者金融だって無尽蔵にお金があるわけではありませんから、融資するためのお金も捻出しなければなりません。

借りる人にとっては利息の支払いは負担ですが、消費者金融が会社として、健全にこの仕事を成り立たせるためにはとても大切なものなんですね。

消費者金融の利息は日割り計算ですが、その利率は法律で定められているため、非合法なヤミ金でない限り、借りた元金に対して法外な利息をとられるということはありません。

一括返済の方法と注意点

利益を利息で賄っているのなら、一括返済は嫌われるのでは……させてもらえないのでは?とご心配の方もいるかもしれませんね。何百万もの大きな金額ならともかく、小額ならば一括で返して早くすっきりしたいとほとんどの人が思うでしょう。
消費者金融へ返済する時、一括返済することはもちろんできます。すでに何度か返済している残金を一括で返済することも可能です。利息は利益ですが、借りたものは返してもらう前提で成り立っているのが消費者金融業ですからね。

ただし、一括返済する際には注意が必要です。というのも利息が日数計算のため、一括返済するにしても今日返済するのと明日返済するのとでは払うお金が変わってくるからです。

一括返済を希望する時は消費者金融に申し出て、その日までの利息を計算し合計金額を出してもらうケースがほとんどです。そして、『この日に払います』と指定した日に払えなければ、当然また利息はついていきますから気をつけて下さい。

返済が終了したら、後のトラブル発生を防ぐためにも領収証をもらっておくのがベストです。