消費者金融系クレジットカードの利用法

消費者金融系のクレジットカードを作るのはこんな時!その活用法とは

あそこもここも審査が通らない時の最終手段

今やすっかり普及したクレジットカード。手元に現金がなくても買い物でき、支払い方法もいろんなパターンから選ぶことができて大変便利です。インターネットで買い物をする時などは、特に活用する人も多いことでしょう。

クレジットカードはクレジット会社が発行しているもの、銀行系のものなどさまざまな種類がありますが、必ず誰でもに発行されるものではありません。

収入状況などさまざまな面から審査を行い、あまりにも支払い能力がないと審査に通らず、カードが発行されません。一般的なクレジットカードの審査は厳しめで、収入の不安定なフリーターや主婦などはどこの会社に申し込んでも審査が通らない……というケースも多々あるようです。

そんな時、最終手段として残されているのが消費者金融系のクレジットカードです。消費者金融系のクレジットカードは、一般的なクレジットカードよりも審査基準が低いことが多いため、他社では全て審査落ちした人でもカードを作れる可能性があります。どうしてもクレジットカードを持ちたいという人は、最終手段として考えてみてもいいでしょう。

カードを発行しているのは消費者金融の業者か、またはそこのグループ企業で、クレジット会社とはあくまで提携しているだけ。契約そのものは消費者金融と交わすことになりますので、その点はきちんと留意しておきましょう。

スピード発行で急ぐときに便利

一般的なクレジットカードは、審査申請してからカードが実際に手元に届くまでに、大変時間がかかります。だいたい2週間から4週間ほど、スピード発行としているところでも1週間はかかってしまうことが多いようです。それでは、急にクレジットカードが必要になった時にとても対応できません。

消費者金融系のクレジットカードの大きな特徴として、発行に時間がかからない点があります。審査が通れば申し込んだその日に即日発行してくれるところも少なくありません。

クレジットカードで購入する予定ができたけど、カードの発行がその日までにとても間に合いそうにない……そんな時も力になってくれるのが消費者金融系のクレジットカードです。

使いすぎには要注意

消費者金融系のクレジットカードに限ったことではないですが、クレジットカードで買い物をする際には『カード会社から一旦お金を借りている』という感覚が非常に薄くなってしまいがちです。そのためカードを使いすぎ、いざ支払い月になって困ってしまうといった人は後を絶ちません。

クレジットカードで購入する時は計画的に慎重に。支払い月がいつなのか、今月どれくらい買ったのかをきちんと把握して活用するようにしましょう。

現金がなくても買い物できるからと、小額のものをあれこれたくさん買っていたら、いつの間にかそれが積もり積もって大きな金額になっていた、なんてことも十分考えられます。

また、消費者金融系のクレジットカードを作りやすいからといって何枚も持つのは考え物です。使いすぎの原因になりますし、消費者金融系のクレジットカードをあまりにもたくさん持っていると、他のクレジットカードを作ったりローンを組んだりする時に、審査が通りにくくなることもあるようです。