無担保融資、そのメリットとデメリット

信用でお金が借りられる!?無担保融資のメリットとデメリットとは

通常、お金を借りるところ、と言えば銀行を思い浮かべるでしょう。ご存知の方も多いとは思いますが、銀行でお金を借りる時は入念な審査があります。と同時に、担保や保証人が必要になってくるのです。これは、お金を借りた人が万一返せなくなっても、持ってる資産(担保)または、別の人が代わりに返しますよ、という銀行のリスク対策です。これがあることで、銀行は安心して個人に、お金を貸すことができるのです。

それでは、担保や保証がなくても、お金が借りられる、そんな都合の良いサービスがあるのでしょうか?その答えはイエスです。消費者金融の基本は、無担保融資なのです。さらにいえば、担保のみならず、保証人も必要としません。消費者金融には、自分の資産を担保に設定したり、無理に頼み込んで誰かに保証人になってもらう、そんな煩わしさが全くありません。手軽にお金を借りられる、それが消費者金融の最大のメリットといえるでしょう。

では、なぜ無担保での融資が可能なのでしょうか?それは、消費者金融がお金を借りるその人自身の信用を評価するからです。いわば、借りる人の返済能力を信用して貸し付けるのです。そのため、当然ですが一定の審査に通らなければ、借りることはできません。利用者の雇用の形態・年収・居住形態などをしっかりと審査します。ある意味、本当の意味での信用取引と言えるでしょう。ですので、審査に通り信用度が増せば、貸し付け限度額の上限が上がったりもします。逆に、信用できないと判断されれば、融資を断られる場合もあります。

ここで一つ、見逃してはいけないデメリットが消費者金融にはあります。ずばり、金利が高いことです。これは手軽に借りられるというメリットと、密接に結びついています。無担保で借りられるという事は、その人に返済能力が無くなると、他のどこからもお金が戻ってこないことになります。実際にそういったケースもあります。この貸し倒れのリスクを金利に上乗せするため、必然的に金利が高くなるのです。

このように、消費者金融を利用する時は、手軽に借りられるが金利が高い、という条件をしっかり認識しておく必要があります。とはいえ、金利が明確にされており、多種多様なサービスでシステム化された消費者金融は、下手に友人や同僚などからお金を借りるよりも、トラブルが少なく、便利であるともいえます。