消費者金融でのキャッシングの注意点

困った時こそ気をつけたい!消費者金融でキャッシングする際の注意点

消費者金融ってどんなところ?

誰でも人生一度はお金についての『困った』を経験していることと思います。それがすぐ解決できるようならいいのですが、どうしてもお金を工面できない、どうしよう!という時に、『お金を借りる』という手段を選ばなくてはならないこともあるでしょう。

お金を借りるには銀行などの各種金融機関がありますが、保証人制度や審査に時間がかかるなどしてなかなかすぐに……ということは難しいようですね。そんな時、『今すぐどうしても必要』という人の選択肢としてあるのが『消費者金融』です。

消費者金融は個人への信用でお金を貸してくれるため、基本的に保証人制度はなく、また審査もとってもスピーディ。利息は日数計算なので、すぐ返すあてはあるんだけど今すぐお金が必要だという人にとって、駆け込み寺といったところでしょうか。

とはいえ、きちんとその制度を理解し責任もってキャッシングを行わないと、自己破産など大変なことになってしまうケースも少なくありません。消費者金融でキャッシングを行う際は『お金を借りているのだ』という責任感を持つことがまず大切です。

困った時こそ責任感を持って

消費者金融でのキャッシングは、銀行の融資などに比べると審査も簡単で保証人もいらず、簡単に借りられるような印象があります。しかしそれゆえルーズになってしまう人が多いのが難点。審査があるとはいえ、会社はあなたを信用してお金を貸してくれているのですから、きちんと返済の責任は果たしましょう。

返済予定や利息が決まっている銀行などと違い、消費者金融でキャッシングした場合の利息は日数計算されます。つまり、早く返せば返すほど利息は少なくて済みます。毎月きちんと返済を続けていけば、将来的にキャッシングの限度額が上がったり、金利削減の交渉ができるようにもなります。

にも関わらず、ズルズルと返済せず借りるだけ借りて……と、お金を借りることに慣れてしまう人がいます。そんなことは言語道断。『借りたものは返さなければ』という意識をしっかり持って利用しましょう。

『ご利用は計画的に』はまさにその通り!

消費者金融のCMで見かける『ご利用は計画的に!』の言葉ですが、消費者金融でキャッシングする際に最も大事なのがまさにこれ。

自分がいくら必要なのか、どれくらいの期間で返済できるのか、その返済期間なら利息はどうなるのかなど、借りる前にきちんと計画を立てましょう。無計画に借りてしまうと返済が億劫になったり、毎月の生活費の予定もうまく立てられなくなります。

キャッシングの返済をするために、別の消費者金融からお金を借りるのは絶対にやめておくべきです。A社の分を返済するためにB社、B社の分を返済するのにC社……と言うふうに、どんどん借りたお金と利息が増えていき、破滅してしまう人が非常に多いからです。

計画を立て、きちんとその計画どおりに期日までに返済をしていくこと。借りる前にそれができるかどうか、よく考えた上で利用するようにしましょう。