返済にボーナス利用する際の注意点

消費者金融への返済にボーナスをあてにする前に考えておきたいこと

はじめからボーナスをあてにするのは危険?

消費者金融でお金を借りる時に、毎月返済するのは大変だからボーナスで返済しよう!と安易に決めてしまう人がいますが、それは危険な兆候です。きちんとした計画性を持ってその選択をするのなら良いですが、『毎年これくらいのボーナスだから大丈夫』の『大丈夫』には全く保証がありません。

そもそもボーナスというのは毎年確実に決まった金額が支給されるものではなく、会社の経営状態などに大きく左右されるもの。比較的安定している大企業ですら、近年ではボーナスを減額するところも出てきています。

にも関わらず『去年これくらい出たからボーナス時期にこれだけ返せる』でお金を借りてしまうとどうなるでしょう。いざ返済となった時に、予想していた額よりも少ないボーナスだと、返済の計画が一気に崩れてしまいますね。

『獲らぬ狸の皮算用』という言葉がありますが、消費者金融からお金を借りる時にそれを行うのは大変危険です。

ボーナスをあてにする際に考えておくべきこと

消費者金融への返済にボーナスをあてようとする時、まず考えておくべきことは『万が一ボーナスが減額、または支払われなかった時にどうするか』という点です。ボーナスを使った返済方法として、ボーナス一括払いやボーナス併用払いがありますが、その点をクリアできないようなら毎月コツコツ返していくほうが安全です。

いざボーナス払いの時期にお金を工面できず、その埋め合わせに別のどこからか借金を……などと、借金を重ねてしまう原因にもなりかねません。返済にボーナスをあてるのなら、万が一ボーナスが減額されても支払いが滞らない額にとどめておくか、代替の方法をきちんと計画だてておくことが大切です。

ボーナスを利用して繰上げ返済

ボーナスの金額が心配で一括返金は難しそうでも、ボーナスを利用して賢く返済することは可能です。それにはまず、借りる前に返済方法をチェックし『繰上げ返済』ができるところを選ぶこと。

繰り上げ返済とは、月々の決まった返済額よりも多い金額を返済する方法です。たとえば、毎月1万円の返済金額だけど、今月は余裕があるから2万円返済する、といった具合です。

この繰り上げ返済を、ボーナスが出た時にするのです。もちろん毎月の生活の中で余裕のある時は、その分を返済に回せばいいわけですが、毎月最低限必要な金額は決まっていますし、節約して余剰金を捻出するのも大変です。そこで、一種の臨時収入であるボーナスのうち、可能な金額をできるだけ繰り上げ返済にまわすのです。

繰り上げ返済をすれば当然その分元金は減り、毎月決まった額を返済するより当然早く返済が終わります。消費者金融の利息は日数計算ですから、払う利息も少なくで済むというわけです。